病院

対策することで変わる|ヘルニアは正しく治そう

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリニックを利用しよう

医者

神戸には、とても有名な温泉があります。腰痛、肩こり、リウマチなどの体の痛みを軽減する方法として整形外科の治療と併用して温泉治療をすることができます。恵まれた環境の中で体の不調をゆっくりと改善しましょう。

読んでみよう

腎臓が悪い人に欠かせない

聴診器

岡山のクリニックで行われる透析治療は、腎臓が働かない人に欠かせない治療です。腎臓の代わりに、血液に含まれる老廃物、水分を除去していきます。透析治療を受けずに放置すると、体がむくんだり、尿毒症になります。健康を保つ上で大切な治療です。

読んでみよう

喉仏の下の大切な臓器

看護師

甲状腺ホルモンは体の代謝に関わるホルモンです。ホルモンが多く分泌されるバセドウ病やホルモン分泌が少なくなる橋本病があります。自己免疫によって甲状腺が攻撃され、発症すると言われています。動悸がする、発汗が多い、手足が震える、脈拍が減る、などの症状があれば、一度病院でホルモン検査を受けてみましょう。

読んでみよう

腰痛対策しよう

男性

原因は椎間板

ヘルニアという病名を聞いたことがある人は多いでしょう。骨と骨をつないでいる椎間板が飛び出て神経を圧迫して痛みが生じます。椎間板ヘルニアという病気です。痛みは軽く手術の必要のない人もいれば、歩くこともじっとしていることもできないほどひどい痛みを生じて手術をする人もいます。腰痛が対策をしても治らなかったり痛みが激しい時には、整形外科の検査を助けることをお勧めします。手術をすると痛みは無くなります。手術に抵抗がある人は医師に相談してみましょう。痛みを緩和する方法があります。薬やリハビリで痛みの緩和ができます。また、ヘルニアは年齢に関係なく起こる病気です。予防をすることも大事です。日頃から腰をいたわり予防をしましょう。

予防と治療

ヘルニアになりましたら治療をします。手術や薬、リハビリ治療になります。医師の指示通り治療を行いましょう。また、予防することも重要です。腰痛になりやすい人は特に注意をしておきましょう。仕事で同じ姿勢をすることや長時間の立ち仕事は、発症を促します。また、パソコンなど座りっぱなしの作業や重労働、無理な姿勢、姿勢の悪さなどの人は注意をしましょう。時々、ストレッチをしたり、マッサージをしたり、腰痛改善の整体を受けたりすることが大切です。また、丈夫な骨つくりにカルシウムを多く食べる食事なども効果があります。また、腰痛に効果がある薬用品などの使用も良いでしょう。腰を休ませながら作業することも腰痛予防です。高齢になり腰が曲がらないように注意するためにも予防対策をしておきましょう。